「経堂駅」徒歩2分|肩こり・腰痛・頭痛・膝痛・神経痛
ご予約はお電話でTEL.03-3706-7221

16

2014/5

60代 男性 症例報告 (椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 腰痛) 

92c58ad494c283w838b83j83a82cc907d89f0
腰に椎間板ヘルニアを患い、歩行困難になっていたため、奥様に車を運転していただいてご来院された患者様の症例報告です。
カルテに御名前など記入していただこうとすると、立っていられない状態なので中断し、まず、ベッドに横になっていただき問診を行いました。
整形外科で2ヶ月間治療を続けたが一向に改善されなかったので、当院に来てみたとの事。
初めは腰にギクッと痛みがおこり、足に痺れと痛みがはしり歩けない状態になったようです。食事も座ってとることができなく、うつ伏せでとっている。仕事もこの様な状態なので2ヶ月以上休んでいて、もう、二度と仕事ができないのでは、と心配されていました。
実際に検査をするとヘルニアの兆候がはっきりと現れていたので、ヘルニアに対する手技を展開していきました。
腰部から臀部、足の筋肉を緩め、ヘルニアのおきている関節にアプローチをかけました。
初回では、ほとんど改善がみられず、同じことを4回ほど繰り返したあたりから、足の痺れが軽減しはじめ、10回目辺りからは、自力で歩けるようになりました。その後は足腰の痛みや痺れがまだ少し残っていたので、その痛みをとり今は痛みや痺れもすっかりなくなりました。「体がどうなってしまうのか心配だったけど、おかげさまで、良くなったよ。助かりました。」と言っていただけました。

腰部の椎間板ヘルニアは、重度になると仕事ができなくなってしまったり、日常生活に支障をきたす事があるので注意が必要です。
普段から腰痛のある方や、足に痺れが時々起こる方は、ヘルニアにならないようお体のケアーはしっかりとしてください。