「経堂駅」徒歩2分|肩こり・腰痛・頭痛・膝痛・神経痛
ご予約はお電話でTEL.03-3706-7221

手や腕のしびれ

手や腕のしびれとは

手や腕のしびれ首を動かしたとき、就寝時、肩こりがひどいときなど、肩甲骨の内側、上腕部、前腕部、指先のどこかで、ビリビリ、チリチリとしびれる、鈍い痛み、つままれるような痛み、皮膚感覚がなんとなく鈍い、違和感などの症状が現れます。
どこがどのようにどういう時にしびれたり痛んだりするのかは、腕の神経を圧迫、または影響をおよぼしている原因によって変わってきます。
画像クリックで拡大

手や腕のしびれの原因

首から腕につながっている神経がいくつもあり、その神経が首肩の筋肉(頸肩腕症候群)や椎間板(頸椎椎間板ヘルニア)、老化した関節(変形性頸椎症)により圧迫され、手や腕のしびれ、または痛みなどがおこります。
また、肘(肘部管症候群)や手首(手根管症候群)で神経が圧迫されるものもあります。

関連する症状

肩こり 背部痛 五十肩 腱鞘炎 テニス肘 ゴルフ肘 頸肩腕症候群 椎間板ヘルニア 変形性頸椎症 肘部管症候群 手根管症候群

当院では

手や腕の、どこにしびれや痛みが出ているのかをお聞きし、原因が筋肉、関節、椎間板、肘や手首なのかを見極め、その症状によって施術方法を変えていきます。
筋肉が原因であれば、神経に影響を及ぼしている部位を鑑別し緩め、神経圧迫を取り除きます。
関節や椎間板が原因の場合は関節の動きを良くし、関節や椎間板に負荷をかけている筋肉をゆるめます。
肘や手首が原因の場合は神経や筋肉、血管の通っている管が筋緊張により狭くなっている場合がありますので、筋肉を緩め症状の改善を図ります。