「経堂駅」徒歩2分|肩こり・腰痛・頭痛・膝痛・神経痛
ご予約はお電話でTEL.03-3706-7221

02

2017/5

症例成果報告 30代 女性 H様 【腰痛】

先日、定期的にお身体のメンテナンスにご来院されているH様がお越しくださいました。
H様は今回、お子さんを抱っこしながら歩きすぎたらしく、2週間前から腰の具合が良くなかったそうです。

《所見》
腰の何処に症状が起こるか把握させて頂くために、、検査や動作チェックを行ったところ、前屈の動きで症状が現れていました。
前屈や腰を屈めた時に固まっている筋肉が引っ張られる事により今回、H様の腰に症状が表れていたのではないでしょうか。

《施術内容》
腰のトリガーポイント(こりの塊)をしっかりほぐした後、股関節のストレッチを行いました。

《施術結果》
術後、H様に「腰がスッキリしました。」と喜んで頂きました。

《担当者感想》
今回、H様の腰の症状は筋肉の固さが主な原因ではあるのですが、筋肉が固まってしまった原因が股関節にありました。
股関節のストレッチを行なった際、可動域が狭くなっており、狭い事により歩いている時の歩幅も小股になっていたと思われます。それに加えお子さんを抱っこしていた事も腰に負担がかかったのではないでしょうか。
歩幅が小股になっていると腰の背中側の筋肉ばかり使ってしまいます。歩幅を大股にする事により、腰の前側の筋肉「大腰筋」を使う事により腰への負担が減り、股関節の可動域も拡がるので、大股の歩き方をH様に指導させて頂きました。
次回ご来院の際は股関節の可動域を拡げ、大股で歩けるようH様のお身体のしっかり診させて頂きます。

【経堂、整体、マッサー】せき整体院 坂本