「経堂駅」徒歩2分|肩こり・腰痛・頭痛・膝痛・神経痛
ご予約はお電話でTEL.03-3706-7221

28

2014/7

熱中症

梅雨が明け、暑さが本格的になってきました。たしか今年の夏は冷夏という予想ですが暑い!です。
熱中症にならないように!なんていうことは、いまさら分かっていることとは思いますが、それでも毎年熱中症になる方はおられます。
そんな私も20年位前ですが、熱中症のなりかかり?になりました。あきらかに通常の状態ではありませんでした。
アルバイトで貯水槽(マンションの屋上にある肌色の水を入れるタンク)の清掃をしていました。真夏の貯水槽内はサウナ状態で、その中で3時間程作業を行っていました。作業終了後、貯水槽から出ると真夏なのに外が寒い位に感じました。会社の社長と二人で作業をしていたのですが、二人とも歩けなくなり、意識が朦朧としフラフラしています。社長が「塩買ってこい!」ちょうど目の前にコンビニがあったので赤いキャップの食卓塩をフラフラしながら買いにいきました。目の前がコンビニなのにものすごく遠く感じたのを覚えています。
買ってきた塩を社長に言われるがままになめると、朦朧としていた意識がスッーとなくなり、体に力が入り始め嘘のように回復しました。
その頃アルバイトをしている夏は日中だけでも水を4リットル以上は飲んでいました。それでも、トイレに行くのは一回位です。ほとんどが汗ででているようです。
よく、熱中症にならないように水分補給をといいますが、水分だけでなく、塩分も適度に取る必要があります。命に関わることもあるので気を付けてください。