「経堂駅」徒歩2分|肩こり・腰痛・頭痛・膝痛・神経痛
ご予約はお電話でTEL.03-3706-7221

11

2014/3

筋肉の硬さと内蔵の疲れ

骨と筋肉には身体を支えたり、動かしたりする役割以外に内蔵を保護する役割もあり、 腰や背中が痛い場合でも内蔵の疲れや疾患が原因で痛みが出ている場合もあります。
例えば前日の夜に暴飲暴食などをすると、次の日には胃や肝臓周辺の筋肉が内蔵を守るために固まります。
最初に内蔵を守り、その上で動作するの身体の原則です。