「経堂駅」徒歩2分|肩こり・腰痛・頭痛・膝痛・神経痛
ご予約はお電話でTEL.03-3706-7221

股関節痛

股関節痛とは

股関節痛股関節は骨盤と大腿骨で形成された球関節です。
上半身と下半身を繋いで重さを支える役割を持っており、とても大きな力がかかってきます。
股関節痛は、その股関節内部の痛みや、股関節に関連する筋肉の痛み、股関節の機能障害として現れてきます。
じっとしていても痛い、あぐらがかけない、足が開かない、歩くと痛む、ずきずきして歩けない、足がむくむ、階段の昇り降りが辛いなど、殿部やソ径部に痛みが出てくると股関節痛の症状の可能性があります。
画像クリックで拡大

股関節痛の原因

股関節周辺の筋肉の緊張や、腰痛、坐骨神経痛、股関節の軟骨のすり減りが、主な原因になります。
片足に重心をかけすぎたり、膝の痛みや骨格の歪み、O脚が関連し股関節痛を引き起こすこともあります。

関連する症状

腰痛 臀部痛 坐骨神経痛 膝痛 O脚 関節リウマチ

当院では

問診、検査をしながら股関節痛の症状を細かく把握し、先天的に股関節に異常がある場合や、普段の生活習慣などから股関節に負担がかかってきたものなどを鑑別していきます。
人により様々ですが、負担のかかっている股関節周辺の筋肉を良くほぐし、股関節の可動域を維持、広げていく施術をしていきます。
関節にそこまで負担のかかっていない状態の人は、ほとんどの場合可動域も広がり、痛みも軽減してきます。
また股関節の形成不全、大腿骨頭のはまりが浅い、関節軟骨の減少、などの原因で股関節自体に痛みが出ている場合でも、股関節周辺を良くほぐし、股関節に関連する筋力を向上させることで負担が減り、杖をついていた方も、つかないで歩くことができるようになることもあります。
最近では人工関節置換術などがよく行われますが、術後も違和感を覚える場合がありますし、人工関節にも寿命がありますので慎重な判断が必要になります。そうような点を踏まえながら、その人の症状にあわせた施術を行っていきます。